このサイトは元吃音きつおん者である吃音きつおんモンキーが運営しているサイトです。

吃音を本気で治そうとされている方はこちらの3記事にすべてをまとめてあります

吃音者の接し方!知らないと相手を傷つけてしまう吃音障害とは

吃音きつおん者の接し方!知らないと相手を傷つけてしまう吃音きつおん障害とは

吃音きつおん症は原因がはっきりとは解明されていない病気です。症状によっては障害者手帳も受理してもらえる、社会的に認められている言語障害の一つです。しかし、まだまだ認知が乏しく、周囲に理解されないという事も多い病気です。

「知らない」という事で吃音きつおんを持った人を傷つけてしまう事もあります。今回はそんな吃音きつおんに苦しんでいる方について寄せられた声をご紹介します。何が苦しいのか、辛いのかを知って頂ければと思います。


「どう説明したら」 東京都内の女性(29)

吃音きつおん自体ももちろん辛いですが、理解されないことが最大の辛さだと感じています」

メールでそう綴ったのは、吃音きつおん症状を持つ東京都内の女性(29)です。中学1年の頃、突然「あ行」や「か行」の言葉が出にくくなったそうです。

国語の朗読の時間に言葉に詰まる彼女に、教師は漢字の読み方が分からないのだと誤解して何度も読み方を教え、それでも黙り込む彼女の姿をクラスメイトは怪訝な顔で見つめていました。彼女は「今でも思い出すとどん底の気持ちになる」と振り返っています。

大学時代はほとんど症状が出なかったそうです。しかし、事務職の正社員として就職した年に、ある日突然、電話で勤め先の事業所名が言えなくなってしまいました。一時期症状は改善しましたが、3年後に再発しました。

吃音きつおんを知る同僚はおらず、「電話に出なくてもよい」と言われたそうです。しかし、後ろめたさから同年に自主退職してしまいました。その後パートとして再就職したものの、普段の会話でも同僚や上司の名前が発声できなくなり、退職してしまいました。

彼女は、普段の会話はスムーズにこなします。その分、人の名前など固有名詞で言葉に詰まり、電話対応ができないことを、周囲にどう説明して良いのか分からないのでしょう。彼女は「吃音きつおんのことを分かってくれる人の前ではあまり症状が出ない。吃音きつおんを知る人が増え、電話に出られなくても、別の仕事をするなどの働き方ができるようになれば、もっと生きやすくなると思う」と語っています。

「手帳取得できず」 医療社会学分野研究者 女性(32)

大学院で医療社会学分野の研究に携わる女性(32)は、吃音きつおんではありませんが、声が出なくなる別の病気を抱えています。喉に良性腫瘍ができる「喉頭乳頭腫」で手術を繰り返し、その副作用で声帯が張り付いてしまう「喉頭横隔膜症」になってしまいました。

ささやき声でかろうじて会話をしていましたが、騒がしい場所では筆談するしかありません。学会発表もささやき声でこなしたそうです。「聞き手のイライラしたような表情が怖かった」と彼女は語っています。

その後、手術で声を取り戻しました。今は通常の声で話すことができますが、医師から「再発の可能性が高い」と言われています。ある日、再び声が出なくなる恐怖と隣り合わせに暮らしているのです。

彼女は一時期、障害者手帳の取得も検討しましたが、医師から、ささやき声が出るのであれば手帳は取得できないと言われたそうです。日々の生活に支障が出ても、障害者手帳を取得しなければ「障害」と認められずに公的援助を受けられないという日本の社会の現状に疑問を抱いたそうです。

「知ることが1歩」 東京都 会社員 男性(45)

東京都の会社員(45)は、吃音きつおんかもしれないバスの運転手と出会った体験を寄せています。当時小学6年の次男と路線バスに乗車していたところ、アナウンスの単語と単語の間が異常に長い運転手がいたと言います。次男は何度かその運転手を見かけており、「今日の運転手さんは変なんだ」と言ったそうです。男性自身も、「ふざけているのか」と疑問に思いました。

その後、報道で吃音きつおんという障害があることを知り、「あの運転手は吃音きつおんがあったのかもしれない」と初めて考えるようになったと言います。「アナウンスを一生懸命こなそうとしていたのだとしたら、『変な運転手だ』と考えていた自分が恥ずかしい」と感じたそうです。

次男にもその連載記事を読ませたと言います。「そうした障害や病気があることを知らないことで、誰かを傷つけているかもしれない。そのことを息子にもきちんと伝えたいと思った。知ることで違った対応ができる」と語っています。

まとめ

いかがでしたか?「声が出ない」という事で辛い思いをしている方がいるという事を、少しは知って頂けたのではないかと思います。現代はコミュニケーションを重視する社会です。発声や言語の障害を抱える場合、本当に辛い思いをするでしょう。吃音きつおんだけでなく、コミュニケーション面での障害全体に対して理解が深まると良いと思いますね。

このサイトについて
このサイトは12年間におよぶ壮絶な吃音経験をした吃音モンキーが運営しているサイトです。

私の吃音治療の体験を元にした濃い情報を発信しています。吃音に悩まれている方のためになればと思います。
あなたは「吃音は治らない」と思っていませんか?しかし、吃音は治ります。

事実、私は12年間悩んだ吃音を克服できています。ポイントは脳科学です。

本気で吃音を治したいと思っているなら吃音改善プログラムがおすすめです。
1日20分。たった6週間のプログラムです。

関連記事

私が吃音を改善したエクササイズ

ピックアップ記事

  1. 【吃音ブロガーがレビュー】M.R.M吃音改善プログラムの評判・感想

    投稿日:2015年10月20日 更新日:2017年03月06日 「M.R.M吃音改善プログラ…
  2. この人も吃音障害!?意外といる吃音持ちの有名人3選

    この人も吃音障害!?意外といる吃音持ちの有名人3選 今回は、吃音持ちだったと言われている有名人…
  3. 【MRM】吃音改善プログラムはなぜこれほどオススメされるのか

    【MRM】吃音改善プログラムはなぜこれほどオススメされるのか 「ネットや2chでMRMの吃音改…
  4. 吃音である私が朝礼や挨拶唱和、プレゼンを乗り切った方法

    吃音である私が朝礼や挨拶唱和、プレゼンを乗り切った方法 今日は私が吃音だった時に電話取りと同じ…
  5. 電話対応について吃音者である私がとった6つの方法

    電話対応について吃音者である私がとった方法 今日は吃音時代に特に苦しんだ電話対応について書きま…

ピックアップ記事

  1. 大阪で吃音治療を受けられる医療機関を探すのであれば、一般社団法人大阪府言語聴覚士会のサイトから言語聴…
  2. ストレスで言葉が出ない病気「吃音」とは 吃音の人ならストレスを感じている時、誰もがどもりが酷く…
  3. 投稿日:2015年10月20日 更新日:2017年03月06日 「M.R.M吃音改善プログラ…
  4. 声が出ない人必見!吃音5つのチェックポイント 自分が吃音症かもしれないと感じている人は「また言…
  5. 吃音モンキーのプロフィール 当サイトを見て頂きありがとうございます。 管理人、元吃音者の…
ページ上部へ戻る