このサイトは元吃音きつおん者である吃音きつおんモンキーが運営しているサイトです。

吃音を本気で治そうとされている方はこちらの3記事にすべてをまとめてあります

健康な人には絶対理解できない「吃音」という病気について

健康な人には絶対理解できない「吃音きつおん」という病気について

健康な人は話すこと、聞くことを当たり前に感じていますが、吃音きつおんという病気になると、話すことがうまくできなくなります。それで、健康な人は吃音きつおんときくと「あぁ、言葉がどもることですね」と言葉の問題と捉えます。

例えば、「あ、あ、ありがとう」といったように最初の言葉を何度も連発する症状は、誰でもわかる言葉の問題です。

しかし、吃音きつおんという病気がひと筋縄で行かないのは、単にうまく話せないことだけでなく、もっと根深い問題があるということです。


吃音きつおんの根深い問題は心理的なものであること

吃音きつおんに関する研究や治療のデータが収集されるようになると、単にうまく話せないことは表面的な問題であり、根本的な問題は心理的なもので、その心理に起因して身動きが取れなくなることにあるということが分かって来ました。

吃音きつおんの特徴として特定の言葉、特定の場面でどもることがあり、この特徴を一貫性と言い、本人はどこでどんなパターンでどもるのか、あらかじめ分かるようになります。

そうすると、また、このパターンでどもるのではないか?と先読みしてしまい、予期不安が起こります。それが現実になると、恐怖感を抱くようになり、その状況を回避しようという心理が働きます。

吃音きつおんには目に見える外側と見えない内側の問題がある

「あ、あ、ありがとう」と言葉にどもり、連発する症状は、外見上、観察できる動作です。

しかし、目に見えない内側に根本的な問題が隠れており、普通の人には一見すると、吃音きつおんではないように見える人の内面が、実は予期不安でいっぱいになっていることを把握できません。

成長過程で吃音きつおんになった場合は、どもることをからかわれた経験や、「キモい」と言うような表現が本人の心理的ダメージを大きくしているかも知れません。

目に見えない内側にどもることは他人にとって不快であり、悪いことだという考えが刷り込まれた結果と言えます。

吃音きつおんの治療が単に流暢に話すことを目的とせず、感情面や認知の面を対象にしているのは、吃音きつおんの根本的問題がこうした内側に隠れているからです。

吃音きつおんを隠すことでさらに負のスパイラルへ

本人が吃音きつおんは恥ずかしい、良くないものと捉えていれば、どもることをできるだけ隠そうとします。

どもりやすい言葉は一定しているため、あらかじめどもることを回避しようと、言葉を言い換えたり、言葉を途中で中断したり、言葉を話す場面を避けたりして吃音きつおんを隠します。

周囲にどもりであることは気づかれないかも知れませんが、どもりのマイナスイメージは根深くなります。また、言葉数を少なくし、寡黙になればどもる回数は確実に減ります。

例えば「おはようございます」がどうしても言えない場合、どもりを回避するために、朝の挨拶をしないという判断もあり得ます。

本人がどもりに苦しんだ結果の行動だとしても、周囲は変な人、無礼なヤツと思うかもしれません。吃音きつおんを隠し続けた結果、さらに辛い事態に追い込まれてしまいます。

吃音きつおんの進展具合は4段階

1981年に吃音きつおん検査法小委員会から出された吃音きつおんの進展段階という基準があります。

第1層
「お、お、おはよう」と言葉を繰り返す、「おーはよう」と言葉を伸ばすなど明らかな言葉の問題がある

第2層
「・・・っはよう」と言葉に詰まる、同時に身体の動きが伴う随伴症状がある

第3層
苦手な言葉を言い換える、緊張や震えが起きる

第4層
どもる場面を回避するため、外見的にはどもらないように見える、どもりが減少する

つまり、外見的などもりの症状が、吃音きつおんが進むにつれて内面化されていくことが分かります。

まとめ

吃音きつおんは進展するにつれて、外側から内側へ、一見見えにくい場所に問題を移して行きます。

そのため、本人と周囲の意識の差はより大きくなり、吃音きつおんについての周囲の理解も得られにくい状況になってしまいます。

このサイトについて
このサイトは12年間におよぶ壮絶な吃音経験をした吃音モンキーが運営しているサイトです。

私の吃音治療の体験を元にした濃い情報を発信しています。吃音に悩まれている方のためになればと思います。
あなたは「吃音は治らない」と思っていませんか?しかし、吃音は治ります。

事実、私は12年間悩んだ吃音を克服できています。ポイントは脳科学です。

本気で吃音を治したいと思っているなら吃音改善プログラムがおすすめです。
1日20分。たった6週間のプログラムです。

関連記事

私が吃音を改善したエクササイズ

ピックアップ記事

  1. 【吃音ブロガーがレビュー】M.R.M吃音改善プログラムの評判・感想

    投稿日:2015年10月20日 更新日:2017年03月06日 「M.R.M吃音改善プログラ…
  2. この人も吃音障害!?意外といる吃音持ちの有名人3選

    この人も吃音障害!?意外といる吃音持ちの有名人3選 今回は、吃音持ちだったと言われている有名人…
  3. 【MRM】吃音改善プログラムはなぜこれほどオススメされるのか

    【MRM】吃音改善プログラムはなぜこれほどオススメされるのか 「ネットや2chでMRMの吃音改…
  4. 吃音である私が朝礼や挨拶唱和、プレゼンを乗り切った方法

    吃音である私が朝礼や挨拶唱和、プレゼンを乗り切った方法 今日は私が吃音だった時に電話取りと同じ…
  5. 電話対応について吃音者である私がとった6つの方法

    電話対応について吃音者である私がとった方法 今日は吃音時代に特に苦しんだ電話対応について書きま…

ピックアップ記事

  1. 大阪で吃音治療を受けられる医療機関を探すのであれば、一般社団法人大阪府言語聴覚士会のサイトから言語聴…
  2. 吃音症の基礎知識!吃音者がどもる原因とは ある本に「吃音は母親がつくる」と書いてあったのを読み…
  3. 吃音の女性が仕事で注意するべきこと 吃音者の8割が男性と言われていますので、女性の吃音者は少数…
  4. ストレス社会でろれつがまわらない病気吃音が急増中 酔ってもいないのにろれつが回らない・・・。 …
  5. 知っておくと便利な吃音症の一時的な6つの避け方とは 吃音を抱えている人は、「またどもるのではな…
ページ上部へ戻る