このサイトは元吃音きつおん者である吃音きつおんモンキーが運営しているサイトです。

吃音を本気で治そうとされている方はこちらの3記事にすべてをまとめてあります

独り言ならどもらない吃音のフシギ

独り言ならどもらない吃音きつおんのフシギ

吃音きつおん者の人なら分かると思いますが、独り言を言っているときや歌を歌っているときは、吃音きつおんの症状が出にくいです。大勢で一斉に本を読むようなときも、吃音きつおんの症状は気になりません。

中には例外の人もいますが、多くの吃音きつおん者はそういう自覚を持っています。吃音きつおんの原因が脳の言語機能障害だとすると、場面によって症状が出にくいのは説明がつきません。

吃音きつおんの原因はさまざまな要因が組み合わさっているといわれます。独り言や歌を歌っているときはなぜどもらないのか?考えてみます。


誰にも聞かれないから緊張しない

吃音きつおん者は自分がどもってしまうことを「恥ずかしい」とか、「みっともない」と考えている人が多いです。それで「どもったらどうしよう?」という緊張感やプレッシャーが強くなり、それがどもりを余計に意識させ、症状がヒドくなります。

独り言や歌を歌ったり、大勢で一斉に本を読んだりするようなときは、誰も自分のしゃべりや歌に注目せず、聞いていないから緊張しないで済むのです。大勢で一斉に本を読むときは、たとえ言葉がつっかえたとしても、他の人に気づかれません。

吃音きつおんを発症してしまう要因は他者の反応が引き金になる

吃音きつおんに進んでしまう原因は他の人の反応で、その反応に話し手は影響され、話すことに対する恐れが生まれます。仮に話すことが100%受容される世界に生きているとしたら、吃音きつおんになる人はゼロになると思います。

どんなにゆっくり話しても、どんなに間延びした話し方でも、どんなアクセントで話しても、どんなに幼稚でその場にふさわしくない話し方でも、他者が何とも思わず、受け入れてもらえる世界だったら、吃音きつおんになろうとしてもなれないでしょう。

独り言でもどもる人は、どもってしまう発声の身体的習慣が身についてしまっているか、過去の吃音きつおんでイヤな思いをした場面が思い出されて条件反射を起こしていると思われます。

「独り言」「一斉に朗読する」「歌を歌う」のもう一つの共通点

3つの行動には誰も聞かれていないから緊張しないで済むこと以外に共通点があります。それは言葉を出す前、発声する前に「こういう風にしゃべろう」(こういう風に歌おう)と出だしの音をしっかり頭に描いている点です。

初めから「どもらないようにしゃべろう」(どもらないように歌おう)ではなく、これから声に出す音を頭の中に描いているわけです。

独り言、一斉に朗読する、歌を歌うことで問題なく発声できているなら、生まれつき持っている発声の機能は問題なく、話す能力は備わっているということです。

吃音きつおんを克服したければ、独り言のクセは矯正した方が良い

どもらないからと言って独り言がクセになってしまうと、吃音きつおんのことをさらに意識してしまうことになり兼ねません。「この言葉、しゃべれるかな?」といった感じで、しゃべれるかどうか試す意味合いで独り言を言ってしまうパターンが増えます。

吃音きつおん者特有の心理で、仮にうまく言えても何度も繰り返したりして、安心できるまでテストしてしまいます。何回も試しているうちに、たった1回どもってしまうと「あ、どもってしまった」という印象が残ります。

そのため、試していた言葉を実際にしゃべるときに、そのことを思い出してうまく言えないことが起こってしまいます。こうなると吃音きつおん者の独り言は「どもるためのリハーサル」をしているようなもので、かえってどもる言葉のレパートリーを増やすことになります。

吃音きつおん者で独り言がクセになっている人は言う頻度を抑えて、クセを矯正した方が良いでしょうね。

まとめ

独り言や歌を歌うときにどもらないのは、発声の機能には問題がないということです。どもらない自分が嬉しくて、つい独り言がクセになっている吃音きつおん者は、それが吃音きつおんを悪化させることにもなるようです。

その場合は歌を歌うことをお奨めします。大声で歌えばストレス解消にもなりますし、何より楽しく吃音きつおんを克服できるのが良いですね。

このサイトについて
このサイトは12年間におよぶ壮絶な吃音経験をした吃音モンキーが運営しているサイトです。

私の吃音治療の体験を元にした濃い情報を発信しています。吃音に悩まれている方のためになればと思います。
あなたは「吃音は治らない」と思っていませんか?しかし、吃音は治ります。

事実、私は12年間悩んだ吃音を克服できています。ポイントは脳科学です。

本気で吃音を治したいと思っているなら吃音改善プログラムがおすすめです。
1日20分。たった6週間のプログラムです。

関連記事

私が吃音を改善したエクササイズ

ピックアップ記事

  1. 【吃音ブロガーがレビュー】M.R.M吃音改善プログラムの評判・感想

    投稿日:2015年10月20日 更新日:2017年03月06日 「M.R.M吃音改善プログラ…
  2. この人も吃音障害!?意外といる吃音持ちの有名人3選

    この人も吃音障害!?意外といる吃音持ちの有名人3選 今回は、吃音持ちだったと言われている有名人…
  3. 【MRM】吃音改善プログラムはなぜこれほどオススメされるのか

    【MRM】吃音改善プログラムはなぜこれほどオススメされるのか 「ネットや2chでMRMの吃音改…
  4. 吃音である私が朝礼や挨拶唱和、プレゼンを乗り切った方法

    吃音である私が朝礼や挨拶唱和、プレゼンを乗り切った方法 今日は私が吃音だった時に電話取りと同じ…
  5. 電話対応について吃音者である私がとった6つの方法

    電話対応について吃音者である私がとった方法 今日は吃音時代に特に苦しんだ電話対応について書きま…

ピックアップ記事

  1. 投稿日:2015年10月20日 更新日:2017年03月06日 「M.R.M吃音改善プログラ…
  2. 吃音障害のことを知らない大人たち 吃音(どもり)のことを知っていますか?話すときに言葉を繰り返…
  3. 電話対応について吃音者である私がとった方法 今日は吃音時代に特に苦しんだ電話対応について書きま…
  4. 社名や自分の名前が言えなくなる吃音・どもりとは? あなたはなぜか社名や自分の名前が言えないとい…
  5. 職場や同僚が吃音者だった場合の接し方 家族に吃音者がいる場合は、普段の生活で接しているので、緊…
ページ上部へ戻る