吃音者にできる仕事

難発性吃音でもできる仕事が判明

このサイトについて
このサイトは元吃音きつおん者である吃音きつおんモンキーが運営しているサイトです。

吃音を本気で治そうとされている方はこちらの3記事にすべてをまとめてあります

難発性吃音でもできる仕事が判明

吃音の中でも難発性吃音は、最初の言葉が出にくく、詰まってしばらく間が空くため、症状が重いとされます。人によっては最初の言葉の出だしに悶絶するくらい、苦しむ場合があります。

そんな難発性吃音の人でもできる仕事はあります。というか、症状の程度より、吃音者の考え方、志向性によるところが大きいということが分かりました。

1日の大半の時間を費やす仕事は、人生の時間を使う大切なモノなので、後悔しないように選択しましょう。

就職先の選択に吃音の程度はあまり関係ない?

吃音に悩む人たちの就職活動を通じて見えて来たことは、ポジティブな考え方の吃音者は少しでも症状が改善するよう、あえてセールスなどの職業に就こうとする傾向があり、ネガティブな考え方の吃音者はなるべく人と話さなくて済む仕事を選ぶ傾向があるということです。

必ずしも症状が軽度の人がポジティブ、重度の人がネガティブということではなく、重度の吃音者でもポジティブ思考の人は、セールスなどの職業を選択する場合が多いのです。

逆に軽度の吃音者が「営業に異動させられ、不安で耐えられない」と退職したりします。結局、仕事を選ぶ基準は「その仕事をする意欲、自信があるか、ないか?」だと言えます。

吃音が気になる場合は職種を選んでみよう

完全に話しをしなくて済むような仕事はおそらくありません。会社や団体の組織の中では職場でコミュニケーションを取りながら、業務が進むからです。

そんな職場でも1人でできる仕事を探してみると、工場のライン工、ソフトウェア開発、プログラミング、文書校正、警備員、郵便配達などが思い浮かびます。アルバイトを探すなら、スーパーの品出し、あまり大きくない本屋、ネットカフェや漫画喫茶があります。

本屋は接客業の中でも商品のレジ打ちとたまに新刊の予約対応くらいで、あまり多様な会話は求められません。ネットカフェや漫画喫茶は基本的に受付とブースの清掃、本棚や床の掃除でコミュニケーションはあまり必要ありません。

他には庭師、陶工、機織り、和紙作りなど職人仕事、才能が必要になりますが小説家、書画などの芸術家でしょうか。

仕事は一生続くものだから真剣に選ぶ

アルバイトであれば、話さないで済む仕事を選択するという自由もありますが、生計を立てて行く仕事を考えるなら、会社の一員として貢献する姿勢が求められますし、職人仕事でも身を立てる気持ちが必要です。

本人の能力や好き嫌いもありますから、その中で仕事をしていて楽しめる方が良いですね。難発性吃音だから話さなくて済む仕事を選ぶしかない!と思い込んで義務感で仕事をしても長続きしないでしょう。

実際、吃音だからというネガティブな考えで、やりたくもない仕事に就いて、その時の選択を後悔している吃音者は多いです。

仕事は一生続くもので、職場は1日の大半を過ごす場所になります。仕事がますます好きになるような、そんな仕事を探して下さい。

まとめ

難発性吃音でも電話応対のように、話すことが主要な業務になっていない仕事であれば、特にできないことはないと思います。

「自分が仕事をしていると、職場に迷惑をかける」というようなことは考えないで下さい。吃音者でなくても世の中はすべての人が少しずつ、人に迷惑をかけて生きていますので、お互い様ということですね。

むしろ、できないことばかりに目を向けて、できることまでやろうとしない方が問題だと思います。

最初から仕事に自信を持って取り組むことはムリでも、アルバイトで仕事を経験しながら、少しずつ成功体験を積み重ね、吃音でもここまではできると自分の中で自信をつけていくことですね。

このサイトについて
このサイトは12年間におよぶ壮絶な吃音経験をした吃音モンキーが運営しているサイトです。

私の吃音治療の体験を元にした濃い情報を発信しています。吃音に悩まれている方のためになればと思います。
あなたは「吃音は治らない」と思っていませんか?しかし、吃音は治ります。

事実、私は12年間悩んだ吃音を克服できています。ポイントは脳科学です。

本気で吃音を治したいと思っているなら吃音改善プログラムがおすすめです。
1日20分。たった6週間のプログラムです。