このサイトは元吃音きつおん者である吃音きつおんモンキーが運営しているサイトです。

吃音を本気で治そうとされている方はこちらの3記事にすべてをまとめてあります

明日から使える!即効性のある吃音の隠し方

明日から使える!即効性のある吃音きつおんの隠し方

吃音きつおんを抱えていても職場の朝礼でスピーチをしたり、社内外の人の前でプレゼンをしたり、必要に迫られて人前で話さなければならない場面があります。

そういうときは普通の人でも緊張してあがってしまうもので、特別なことではないのですが、吃音きつおん者にとっては切実な悩みになります。

そんな場面に備えて今すぐに始められる吃音きつおんのしのぎ方を紹介しますね。


緊張している筋肉を緩める

あがり症の人が緊張して声や手が震えたりするときにも言えることですが、過度に緊張することが発声に影響を与えます。

声が震えるにしろ、言葉が詰まる吃音きつおんにしろ、言葉を発するときに使う筋肉(スピーチ・マッスル)が硬直したり、痙攣したりすることが直接、関係しています。

ですから、まず、緊張して固くなっている部分の筋肉を緩める、身体的なアプローチをすることが一番簡単で即効性があり、吃音きつおんをしのぐことができます。

のどや首元、あごのあたりの硬直した筋肉をさすったり、伸ばしたりして緩めてあげれば、どもるのではないかという恐れの感情も軽減することができます。

チカラを抜いて一拍置いてみる

「こ、こ、こんにちは」と言葉を繰り返したり、「・・っんちは!」と詰まったりするときは、一瞬呼吸が止まっている場合が多いです。

言葉を繰り返す場合は、多少息は出ていますが、「言おう」という気持ちがあるために息を吸っていません。言葉が詰まる場合は、まったく言葉が出ないのに、脳は「早く言葉を話せ」と焦って指令を出すので、息を吸うことも吐くこともできない、瞬間的に無呼吸状態に陥ります。

そういうときこそフッとチカラを抜いて、一拍置いてみることです。そして息を吸って、次に息を吐きながら言葉を出してみます。あまり息を吐くことに意識し過ぎると、空気モレしたような発声になるので、あくまでラクに話すイメージとしてとらえて下さいね。

出しづらい言葉は「呼び水」をつける

息を吐きながら話すときに、言おうとしている言葉が出しづらい場合、「呼び水」をつけてあげると、言葉をラクに出せるようになります。

例えば「面白い」の「お」が出にくい場合、「へ~、面白いですね」、「ん~、それは面白いですね」、「ほ~、それは面白いですね」、「そ~れば面白いですね」、「なんだそれ、面白いな~」と自分が言いやすい呼び水になる言葉を見つければ、いろいろなバリエーションを作ることができますね。

どれもラクな感じでラフな話し方になるから不思議です。

話すときに相手とアイコンタクトを取る

吃音きつおん者は自分の吃音きつおんを相手に知られたくないという心理的な働きにより、相手(聞き手)から視線をそらすという傾向があります。笑われたり、拒絶されたりすることから自分を守るためにアイコンタクトを避けようと無意識に力が働き、目をそらすのは吃音きつおん回避行動と言われます。

しかし、アイコンタクトを避けようとするほど不安と身体的緊張が増加し、かえって吃音きつおん状態を悪化させます。どんなに吃音きつおんを克服するためのテクニックや戦略を考えても、自信やリラックスが前提になければ上手く行きません。

ですから、意識してアイコンタクトを取るようにすべきです。聞き手に視線を合わせて話すことで、相手に受け入れられている、許容されているという感覚を感じることができるでしょう。

心地良く言葉を話すことを望むなら、アイコンタクトは重要で、話すことに積極的な気持ちを生み出します。意図的なアイコンタクトは話し手と聞き手をより快適にし、吃音きつおんを変化させるために有効な戦略です。

まとめ

どれも今すぐにでも始められる簡単な方法だと思います。辛い努力を必要とするわけではなく、筋肉を緩めたり、一拍置いて呼吸を整えたり、ちょっとした言葉の出し方のコツで吃音きつおんをしのぐことができるので、試してみてください。

アイコンタクトは普通の人でも自分に自信がない人は避ける傾向があります。吃音きつおん者は話すことに自信を持ち、話すことに積極的になるためにもアイコンタクトを意識してみましょう。

このサイトについて
このサイトは12年間におよぶ壮絶な吃音経験をした吃音モンキーが運営しているサイトです。

私の吃音治療の体験を元にした濃い情報を発信しています。吃音に悩まれている方のためになればと思います。
あなたは「吃音は治らない」と思っていませんか?しかし、吃音は治ります。

事実、私は12年間悩んだ吃音を克服できています。ポイントは脳科学です。

本気で吃音を治したいと思っているなら吃音改善プログラムがおすすめです。
1日20分。たった6週間のプログラムです。

関連記事

私が吃音を改善したエクササイズ

ピックアップ記事

  1. 【吃音ブロガーがレビュー】M.R.M吃音改善プログラムの評判・感想

    投稿日:2015年10月20日 更新日:2017年03月06日 「M.R.M吃音改善プログラ…
  2. この人も吃音障害!?意外といる吃音持ちの有名人3選

    この人も吃音障害!?意外といる吃音持ちの有名人3選 今回は、吃音持ちだったと言われている有名人…
  3. 【MRM】吃音改善プログラムはなぜこれほどオススメされるのか

    【MRM】吃音改善プログラムはなぜこれほどオススメされるのか 「ネットや2chでMRMの吃音改…
  4. 吃音である私が朝礼や挨拶唱和、プレゼンを乗り切った方法

    吃音である私が朝礼や挨拶唱和、プレゼンを乗り切った方法 今日は私が吃音だった時に電話取りと同じ…
  5. 電話対応について吃音者である私がとった6つの方法

    電話対応について吃音者である私がとった方法 今日は吃音時代に特に苦しんだ電話対応について書きま…

ピックアップ記事

  1. 吃音障害のことを知らない大人たち 吃音(どもり)のことを知っていますか?話すときに言葉を繰り返…
  2. 社名や自分の名前が言えなくなる吃音・どもりとは? あなたはなぜか社名や自分の名前が言えないとい…
  3. 吃音者が電話を取る仕事を避けて隠す4つの方法 吃音者はできれば極力話したくないため、自分から積…
  4. これって緊張?言葉が出ない吃音という病気の怖さ 大勢の人の前で話そうとすると、緊張して言葉が出…
  5. 重度の吃音でも安心!人と話さずにもくもくとできる仕事5選 重度の吃音はどういう症状かと言えば、…
ページ上部へ戻る