このサイトは元吃音きつおん者である吃音きつおんモンキーが運営しているサイトです。

吃音を本気で治そうとされている方はこちらの3記事にすべてをまとめてあります

早坂式吃音改善DVDの評判をまとめてみた

早坂式吃音きつおん改善DVDの評判をまとめてみた

M.R.Mの対抗として早坂式の吃音きつおん改善プログラムがよく比較されることが多くなりました。

そこで今日は早坂式の評判をまとめレビューしていますので参考にしてください。

私の個人的な意見を聞かれますと、私の吃音きつおんが治ったのはM.R.Mプログラムです。

またM.R.Mは大人が対象なので、大人の吃音きつおん改善はこちらがおすすめです。幼少期の吃音きつおん改善はこの早坂式で良いでしょう。参考にしてみてください。


早坂式とは

結論を先に言いますと、流暢にどもりましょうということです。これだけだと誤解を与えますので順に説明していきます。

コミュニーケーションの目的はなんでしょうか。言わずもがな相手に意思を伝えることです。一字一句間違えずに棒読みをすることじゃないですよね。

逆に言えば言い間違いしようが、なんだろうが相手に意思が伝われば問題ないんです。

あなたはどもるんじゃないかと気にするあまり一字一句正しく発音しようとしすぎていませんか。あたかも機械的に棒読みするがごとくこだわっていませんか。

ふと考えて見ると朝礼のスピーチ。手元の資料があるなし関わらず台本を作っていることでしょう。結婚式のスピーチも台本を作ることでしょう。

逆に言えば一字一句間違えないように気にしてしまう典型です。電話はどうでしょうか。「お世話になっております」、「社名」、「自分の名前」全て定型文ですよね。

間違えてはいけないと必要以上気にしていませんか?退職時の「お疲れ様でした」や出社時の「オハヨウゴザイマス」も定型文です。

なんとなく傾向がわかってきましたね。大事なことだから二回言いますと、流暢にどもるとは相手に意思が伝わるようにすればどもっていてもどもってないんです。

さらに詳しくイメージするにはリンク先に動画もあるので確認してみてください。


■ 早坂式吃音きつおん(どもり)改善術

いかがですか?実際にはどもってないように聞こえませんか?

この動画は実際の吃音きつおん者の方です。

あなたもこれができるようになります。

プログラムの内容

プログラムはDVD4枚からなっています。全部で6時間ありますが、1日1時間と考えても一週間で終わります。

通勤時間で聞くのも良いでしょう。通勤時間で覚えたことやモチベーションが高くしておいて、会社で実践ということもできます。

実際には大人編や子供編などがあるので全て見る必要はありません。最短で2時間程度で視聴することができます。

一枚目:大人編(1時間30分40秒)

私も「元」ではあるものの、大人の吃音きつおん者でした。

※ちなみに私が治したのは早坂式ではなく、M.R.Mで治してます。詳しくはこちら。

MRM吃音きつおん改善の評判は本物だったのでレビューします

ただ子供の吃音きつおんならM.R.Mプログラムは対象外なのでこの早坂式を試してください。

大人の吃音きつおんでは就職活動の面接であったり、入社後の電話取り、大勢の前でプレゼンテーション、出世をしたら部下の前での会話、付き合いで結婚式のスピーチなど吃音きつおんがネックになるシチュエーションはかなりあります。

しかも、職務としての「責任」や社会人としての「責任」、給料をもらっているからという「責任」など逃げることさえ許されませんから問題は深刻です。

吃音きつおん者の私から言わしてもらえれば生き地獄です。冗談じゃなく死のうと思ったことなんて数え切れません。

吃音きつおんの方は皆同じ想いをされているかと思いますが、大人編では吃音きつおんをコントロールする術を紹介されています。

まずは子供とは違う、大人の吃音きつおんの特徴を知ります。そうすることで「なぜ、流暢にどもることが大切なのか?」を理解します。

その上で早坂さんがあるポイントを伝えることで、意識を変えることから始めてもらいます。

わざとどもることが大切という常識をくつがえす話も出てきます。

言葉が詰まって出てこない症状を改善するため会話法なんてものも紹介されています。これは会社ですぐ実践したくなるものです。

大人になってからの吃音きつおんは舌の筋肉の衰えなんてものではなく、一種の癖や条件反射のように"吃音きつおんであることが当たり前“という状態になっていることがほとんどです。

大人編ではその癖を取り除く方法がいろんな切り口で紹介されています。

二枚目:幼少期編(2時間5分56秒)&三枚目学童期編(1時間54分48秒)

こちらは幼少期編と学童期編合わせて子供用です。つまり吃音きつおんのお子さんを持つご両親向けですね。

吃音きつおんの本人ではないため、ご両親の吃音きつおん理解も必要となります。ハキハキ喋りなさい!というのは逆効果です。

吃音きつおん者の私からすれば、そんなことを言われた子供の心がどうなるか痛いほどわかります。

子供の吃音きつおん改善にはご両親の理解と協力が不可欠です。

そのため、親であるあなたが、吃音きつおんを持った子供が、どういう感情を持ち、どういう感覚を持っているのか、をこの章で勉強します。

大事なことなので2回言いますが、ハキハキ喋りなさい!と子供を責めては絶対にいけません。改善するばかりか悪化の悪循環です。

そこでより良い親子関係を作ることを目的に、お金をかけずに出来る、お子様の吃音きつおんを改善するための“ある遊び”が紹介されています。

吃音きつおん持ちの子供にはある特徴が指摘されていてそれを遊びながら訓練することでどもりが治っていきます。

親であるあなたも対処法がわからない不安からイライラしてしまうかもしれません。正しい対処法を知ることで不安を吹き飛ばしましょう。

四枚目:吃音きつおん者による体験談&トーク(1時間7分44秒)

こちらは吃音きつおん者による体験談&トークがメインとなります。

どちらかというと、こうなりたい、と思っていただくためのモチベーションアップに使うといいでしょう。

出演者はみんな吃音きつおん者らしいですが、吃音きつおんと感じられません。

そんな方々に、社会人における電話対応やスピーチ、相手への気持ちの伝え方、恋人についてなど幅広いテーマで語っていただいているようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

吃音きつおん改善はM.R.Mと早坂式が2強ですが、個人的にはM.R.Mが頭一つ飛び抜けている気がします。

ただ、私の吃音きつおんを治したのがM.R.Mだということでひいき目があるかもしれませんね(笑)

ただ、子供の吃音きつおんを治すのであれば、早坂式を選んでください。

M.R.Mはあくまで高校生以上の大人には効果を発揮しますが、成長期である子供には効果はありません。

つまり、子供なら早坂式、大人ならM.R.Mを選べば問題ないと思います。

ちなみに本当に効果が出るか心配な方も90日返金保証がついているM.R.Mがおすすめです。

MRM吃音きつおん改善の評判は本物だったのでレビューします

早坂式はこちら。

■ 早坂式吃音きつおん(どもり)改善術

このサイトについて
このサイトは12年間におよぶ壮絶な吃音経験をした吃音モンキーが運営しているサイトです。

私の吃音治療の体験を元にした濃い情報を発信しています。吃音に悩まれている方のためになればと思います。
あなたは「吃音は治らない」と思っていませんか?しかし、吃音は治ります。

事実、私は12年間悩んだ吃音を克服できています。ポイントは脳科学です。

本気で吃音を治したいと思っているなら吃音改善プログラムがおすすめです。
1日20分。たった6週間のプログラムです。

関連記事

Amazonギフト券プレゼントキャンペーン

ピックアップ記事

  1. 【吃音ブロガーがレビュー】M.R.M吃音改善プログラムの評判・感想

    投稿日:2015年10月20日 更新日:2017年03月06日 「M.R.M吃音改善プログラ…
  2. この人も吃音障害!?意外といる吃音持ちの有名人3選

    この人も吃音障害!?意外といる吃音持ちの有名人3選 今回は、吃音持ちだったと言われている有名人…
  3. 【MRM】吃音改善プログラムはなぜこれほどオススメされるのか

    【MRM】吃音改善プログラムはなぜこれほどオススメされるのか 「ネットや2chでMRMの吃音改…
  4. 吃音である私が朝礼や挨拶唱和、プレゼンを乗り切った方法

    吃音である私が朝礼や挨拶唱和、プレゼンを乗り切った方法 今日は私が吃音だった時に電話取りと同じ…
  5. 電話対応について吃音者である私がとった6つの方法

    電話対応について吃音者である私がとった方法 今日は吃音時代に特に苦しんだ電話対応について書きま…

ピックアップ記事

  1. 声が出ない人必見!吃音5つのチェックポイント 自分が吃音症かもしれないと感じている人は「また言…
  2. 吃音治療ならココ!オススメしたい全国の病院5選 吃音の治療ができる病院は全国的にみてもまだ少な…
  3. 吃音である私が朝礼や挨拶唱和、プレゼンを乗り切った方法 今日は私が吃音だった時に電話取りと同じ…
  4. 吃音・どもり治療はどの病院の何科に行けばいいの? 結論を言いますと診療科で選ぶのではなく、お医…
  5. 家でも治せる!言葉が出ない病気「吃音」の治し方 吃音は、はっきりとした治療法がある病気ではあり…
ページ上部へ戻る